不動さん売買をすると、業者から「レインズ」という言葉を聞く事があります。
不動産会社は「レインズ」を通してマンションの売買情報を共有していますので、覚えておくと良いです。

レインズは、Real Estate Infomation Network Sysytemの略で、
不動産業者だけが参加できるインターネットを用いた不動産検索システムの事です。
一般人の我々は、見る事が出来ません。
不動産会社は、IDやパスワードが発行されています。
不動産会社は、レインズへ物件を登録したり、登録されている物件を見る事が出来ます。

インターネットで変わるマンション売買

インターネットが普及していない頃は、不動産屋が、自社だけで買主を見つけていました。
現在は、その仕組みがまったく異なり、マンション売却の依頼を受けた不動産会社が、レインズに登録します。
そうすると、全国の不動産屋でレインズを通して売り物件を見る事が出来、買い手を全国から探すことが出来るようになります。

レインズ

大手だから有利という事はなくなった

このレインズの登場で、中小の不動産会社も大手と同じく、不動産を売る力を持てるようになりました。
大手でも、買いたいというお客さんを定期的に抱え込む事は不可能です。
レインズを活用する事によって、中小でも大手と遜色のない、マンション売却が行えます。

つまり、全国の不動産会社で、買いたいというお客様を見つけられるようになりました。
従って、大手だから、買いたいお客様をたくさん抱えている、早く売れるというセールストークに騙されないようにしましょう。

レインズの登録を確認しよう

マンションを売る際は、不動産会社との契約を結びます。
契約によってはレインズに登録されない場合があります。
参考:契約形態によるレインズの登録

一部の大手では、買主からの手数料も自社で独占したい為、レインズに登録しない・登録を遅らせる所があるようです。
そのため、必ず営業マンにレインズに登録はいつするかを確認するようにしましょう。

不動産投資家はレインズを有効活用している

不動産投資を行っている友人のお話です。
不動産投資家は、安くマンションや一戸建てを買い、人に貸したり、売却したりして利益を出しています。

現在は、ネットでもマンションの中古価格は簡単に知る事が出来るようになりました。
しかし、本当にお得な物件を手に入れるには、他の人よりも先に情報を入手する必要があります。
そのため、不動産会社に通い詰めて、仲良くなり、レインズで検索させてもらっているのです。

本当にお得なマンションは、一般の人が見れるようにネットに掲載される前に、レインズで検索して購入されている場合が多々あるようです。