不動産屋に買い取ってもらうメリットは、
即決で買い取ってくれる事です。
不動産屋

不動産は、株やFXなどと違い、すぐに現金化する事が難しいです。
すぐに買う方が見つかっても、買う方のローンや登記手続きなどで、約1ヶ月ぐらい時間を要します
さらに、買う方のローンの審査が通らなかった場合などもあり、その場合は、契約に至らない事もあります。

マンションを売りたいと思っている方は、何かしらお金が必要になったという方がほとんどです。

すぐに現金が必要なら不動産屋に売るという手も

背に腹はかえられない方は、売り値が安くなるのを承知であれば、不動産屋に買い取ってもらう手もあります。
不動産屋は、即決してくれます。
不動産屋は、買い取ったマンションをリフォームして、利益を乗せて売ります。
また、いくらで売れるという保証もなく、リスクがある分、市場価格より安く買い取られる事になります。
その代わり、すぐ売れるというメリットがあります。

「出来るだけ早く高く売る」は出来ない

不動産屋に、上記を言っても無理です。
「早く」と「高く」は両立しません

不動産屋が「早く高く売ります!」と言っても、実際に買うのは、一般消費者です。
そのような口約束をして、独占販売の契約を取り付ける不動産屋がありますが、結局の所売れず、値下げを要求されるのが、オチです。

時間がかかっても高く売りたいのか?
安くても良いので早く売りたいのか?

どちらを選ぶかは自由です。
それぞれ事情があると思うので、いつお金が必要なのかを考えて決めましょう!

一般の買い手に売るのは大変

マンションを売ったことがある人なら分かりますが、買い手は、基本わがままです。

「検討するのに時間が欲しい」
「ローンが通らなかったら解約させて欲しい」
「もう少し安くなりませんか?」
「まどり、場所が気に入らない」等、
あなたが、不動産を買った時と同じように、時間をかけて、吟味・比較します。

「売り側は、少しでも高く売りたい」
「買う側は、少しでも安く買いたい」
という相反する思いがあるのです。

また、マンションはオークションと同じような市場原理が働いています。
相場より値段を高くすると、検討候補から外れます。

スマホで人気のオークションサイトの「メルカリ」では、ほとんどの方から「もう少し安くなりませんか?」というメッセージが来ます。
中には応じて安くしたのに、買わないという方もいるのです。
マンションは、買う側は非常にわがままで、お金の価値観や生活スタイルが違うので、自分の価値観で値段を付けると、いつまでも売れない「さらし物件」になる場合が多々あります。

従いまして、
「面倒な事が嫌い」
「早く売りたい」
「安くても構わない」
と思っている方は、不動産屋に売るのも1つの選択肢としては、良いと思います。