このマンションを探しているお客様がいるというのは嘘

分譲マンションに住んでいると、頻繁に「このマンションを探しているお客様がいます」「高く買い取ります」というチラシが入ります。
チラシ

マンションを売ろうとしていた方は、高く売れるチャンスと思い、電話すると相手の思うツボです。

そのマンションを探しているお客様は実在していましたか?
「そのお客様は他で決まっちゃいました。でも買いたいという方はたくさんいるので紹介します」
と言われるのがオチです。

チラシの目的は、不動産を売りたい人を探すのが目的です。
不動産を買う側は、インターネットで情報をすぐに探す事が出来ますが、売りたい人を見つけるのは実は大変なんです。
売りたい人を広告費を払ってでも探したいため、コストが安いポスティングのチラシで、売りたい人を常に探しているんです。

嘘をつく不動産会社に任せたいですか?

でも、よく考えてみてください。
チラシに嘘を書いてる不動産会社に、あなたの大事なマンションの売却を任せたいと思いますか?
安易にに取り合わせをすると、マンションを売りたい人として、その不動産会社の顧客リストに載ります。
少なくても私は、チラシで嘘・誇大広告をしている会社は信用できませんし、選びません。

再々「このマンションを探しているお客様がいます」というチラシが入るのに、インターネットの中古マンション売却情報で、そのマンションが売り出されていたりします。
非常に矛盾するというか、チラシが嘘を言っているという事です。

不動産選びは大切

マンションを売る際に非常に重要になるのが、不動産会社選びです。
また、それと同じくらい担当者との相性も重要です。

無料で利用できる不動産一括査定サービスで、複数の不動産、担当者に家に査定に来てもらい、話を聞くことをお勧めします。
上記のサービスを利用すると、不動産会社も、他のライバル会社もいるのが分かっているので、断わりやすいです。