不動産会社
動産会社を通して売る場合に、不動産会社との契約は大きく分けて
「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つがあります。

違いを表で分かりやすく纏めました。

他の不動産
会社への依頼
自分で買い手を
見つけ取引
レインズ
への登録
最大
契約期間
専属専任媒介契約 × × 3ヶ月
専任媒介契約 × 3ヶ月
一般媒介契約 △(任意) 3ヶ月
レインズとは不動産会社のみが参加できる、ネット物件検索システムです。
レインズへ登録する事により、全国の不動産会社が、物件を探す事が出来るようになります。

専任媒介契約のメリット

専属専任媒介契約も専任媒介契約の1つなので、ここで合わせてメリットを書きます。

まず、不動産会社の多くは、専任媒介契約を結ぼうとします。
専任媒介契約でない場合は、契約を受けない所もあるぐらいです。

メリットとしては、積極的に営業活動をしてくれる点です。
1社の不動産会社とだけ契約するので、売った場合に確実に不動産会社に手数料が入る為です。
広告費を投入したり、売る為のアドバイスなども期待出来ます。

一般媒介契約の場合は、売れなかったら手数料が入らないので、お金をかけてまで営業活動をする事はありません。

専任媒介契約のデメリット

ハズレの不動産会社を選んでしまった場合に、時間が無駄になります。
不動産会社にも得意・不得意があり、一戸建てが主な取り扱いの場合、マンションを売るノウハウやトラブルを避けるノウハウがありません。

売れず時間が経過すると市場価格の値下がりに合わせて、売り値も下げざる負えません。
積極的に営業活動をしてくれなかったり、相場の適正価格や売る為のアドバイスなどがない場合は、残念ながらハズレの不動産会社です。

まとめ

不動産会社との契約は、専任媒介契約(専属専任媒介契約を含む)が一般的です。
不動産会社や、売る側にもメリットがあります。

その分、不動産会社の選別は非常に重要です。
複数の不動産会社に見積もり、話を聞き、後悔しないよう、しっかりと見極めましょう。

不動産会社を選ぶ際のポイントについて書きます。
見積もりの際に、担当営業マンに以下を質問して的確な答えが返ってくるかに注目しましょう。

・どういう販売活動を行うか?
・マンションの販売実績
・営業マンに専門知識があるか?
 税金や物件調査、買主がどんな所をみるか等

上記外では、営業マンとの相性も非常に大事です。
何でも相談できそうな方か、信頼できそうな方かを自分なりに見極めましょう。

あとは、不動産会社を選別するのに、無料一括査定サービスを利用するがお勧めです。
競合がいるのは不動産会社も分かっているので、断りやすいですし、地元から大手の不動産会社まで、無料で査定してくれます。
営業マンとしっかり話し、自分にとってのベストな不動産会社を見つけましょう。
無料一括査定へ