営業マン

不動産会社の営業マンの相性・選定は非常に大事なのは他で述べた通りです。
では、どういう点に着目して営業マンとを選べば良いかについて詳しく書きます。

時には営業マンを変えてもらう勇気も・・・
あまり好ましい事ではありませんが、不動産会社は気に入っているのに営業マンが良くない場合は、
不動産会社に連絡して、担当を変えてもらうよう依頼しましょう。

営業マンの選定ポイント

信頼できる、一生懸命売主の為に動いてくれるのは大事なポイントですが、営業マンでも最低限の知識を持ち合わせているかはチェックしましょう。

1.マンション売買の経験を聞く

何年この業界にいるかが大事ではなく、どのくらいの件数をマンション売買の契約をしたかが大事です。
一戸建てが得意なのかマンションが得意なのかで、手続きやトラブルになりやすい部分など異なります。
マンションを売る場合は、かならずマンションの売買の経験があるかを確認しましょう。
マンションも都内・田舎、ワンルーム・家族向けの3LDKなどで、着眼点などが異なります。

2.税金のこと

マンションを売った際に、どれくらい税金がかかるか聞いてみましょう。
そして、すぐに答えられるかがポイントです。
マンションの売却に慣れている・経験がある営業マンは、すぐに答えられます。
調べてみますという営業マンは、マイナスです。

マンションは売却額も大きいため、税金の金額もバカになりません。
売主も営業マンから聞いた用語や、内容は返ってネットで調べるなどの努力をした方が良いです。

3.土地勘があるか?

不動産屋は転勤が多い職業でもあります。
近くに有名小学校がある、物価が安い・治安が良いなど売りとなるセールスポイントを買主にアピールできるか等は非常に重要です。
土地勘がある営業マンに出来れば頼みたいものです。

4.どのような売り方をするか?

どのよな売り方・営業をするかを聞いてみてください。
単にレインズに登録するだけでは弱いので、営業プランはあるのか等は大事です。

効率よく営業マンと会うには

マンションの無料一括査定というサービスを利用します。
大手や地元の不動産会社がマンションに査定にくるので、その際に上記の質問をして、営業マンの知識や相性を確認しましょう。

マンションは営業マンの努力により、売れるスピードなど大きく異なります。
マンション相場価格は、基本下がり続けるので、売れ残ると、さらし物件になるばかりではなく、相場の下落に合わせて売り値を下げざる負えません。

多少面倒と思っても、1社に絞るのではなく、複数の不動産会社と会い、慎重にどの不動産会社・担当者にするかを見極めましょう。