過去の相場
マンションを売る側は、少しでも高く売りたいという心理から、自分に有利な情報ばかりがつい目に入りアピールしがちです。
例えば、近隣で高く売れたマンションの価格、建てた際の価格などです。
それらの過去の相場などは、無意味です。
売りたい金額と売れる金額は異るのです。

ネットの近隣マンションの相場は鵜呑みに出来ない

不動産会社などが売っている場合は、リフォームして手数料を上乗せてしている価格になります。
従って同じ価格帯では売れません。

また、ネット掲載され続けているマンションは売れないから掲載され続けている可能性もあります。
なぜ売れないかというと、一番の要素は販売価格が高いからです。

買主は相場より安く買いたがっている

買う側の心理に立つと分かりますが、買主は少しでも安くマンションを探しています
もっと言えば、相場より安く買いたくて日々マンションを探されています。

同じような立地・条件であれあなたが売ろうとしているマンションが、周りより100万円高いとします。
売主は、この条件、あの条件が他よりも良いから、それだけの価値があると判断しがちですが、その価値は他の人とっては、評価されないという事が多々あります。

相場より高く売れるケースは、殆どないと思った方が良いです。
また、常に市場が動いており、1年前の価格は参考にならないぐらいに変更しています。

不動産屋の言葉を客観的に聞こう

不動産屋から「売れても3000万円ぐらいと思います。高くて3300万円ぐらいという所でしょう」と言われたとします。
そうすると売主は、3300万円で売れるのかと、良い金額が頭に残ります。
自分の都合の良い情報のみを選んで頭に入れがちです。

そうなると、買いたい方からの指値で値引きがあった際に、もっと高く売れるはず、この金額がおかしいと断ってしまう事も。
せっかくの売れる機会を、逃さないためにも、自分にとって思わしくない情報も受け止めるようにしましょう。