金銭的な損得だけで言うと、リフォームしたからといって、その分が高く売れる事はありません。
ただし、売りやすくなります。

一概にリフォームすると損かというと、そうではありません。
売る際に、賃貸を借りて空き部屋にしたり、もしくは住んでいる場合は、内覧の度に時間を作ったりと、様々な手間やコストが発生しています。
そう考えるとリフォームも1つの宣伝費・売る為に必要な経費と考える事も出来ます。

時にはリフォームして売りに出すことも

リフォーム
例えば壁紙などは、1部屋5万円~10万円で出来ます。
全部屋して、30万円かかったとしても、売り値を50万円高くして売れば、元は取れます。

小さいお子さんがいると、壁のいたるところが汚れたていたりと、印象があまりよくありません。
そんな際は、壁紙だけでもリフォームして売る事をお勧めします。
不動産屋の中には、売る為にコストがあまりかからないリフォームを進めてくる事もあります。
不動産会社は、どんなリフォームが売るために効果的かをよく知ってるので、積極的に相談しましょう。

どうせ売るのだから直さないという考えは危険

不動産は高額な商品です。
車を例にすると分かりやすいですが、ワイパーが壊れている車を買いたがる方はいますか?
中古車でも引き渡しまでには、直して下さいというはずです。

家も同じ事で、もっと高額の商品なのに、なぜかそのことを意識しない人が多いです。

特に注意したいのが水回りのトイレや風呂です。
トイレなどは、水漏れして、タイルがカビカビになっていたり、カビ臭い場合などは、印象が非常に悪く見えます。
風呂も昔ながらのボイラーが風呂内にある場合は、ドン引きされます。

内覧は多いのに、契約まで結びつかないという場合は、どこに原因があるかを、しっかり把握しましょう。
案外、家の中が汚い、水回りが汚くて候補から外れるという事は多いものです。

メンテナンスをしていない家と思われ、大幅な値引きを強いられる事もあるので、注意しましょう。

よく見られる設備

エアコンや、給湯機も壊れている場合は、直したり安いものを付けるなどを検討しましょう。
これから、買った後に、交換するとお金がかかるので、壊れていると嫌がられます。

電球切れもそうですが、壊れている個所が多いと、メンテナンスをあまりしていない家と思わ、印象が非常に悪くなります。
値引かないと買わないという厳しい条件が多くなるので、結果的にリフォームした方が、早く売れますし、高く売れたなんて事もあります。