マンションを売る相手は、不動産会社ではなく、一般消費者です。
そこが車などを売る場合と大きく異なります。
希望の価格で売れる事は、まずありません。

都内のマンションを苦労して売った経験を元に、売る前に読んでおきたい事を、皆さんにお伝えしてきます。

高く売るために大事なポイント

1.複数の不動産会社に査定してもらう

まず、複数の不動産会社の査定を取り、平均値を出すことが非常に重要です。
査定は1つの判断材料で、査定額のまま売れる事は、ほとんどありません。

そのため、複数の査定額を比べて、あまりにも高い査定額を出す不動産会社は信用してはいけません
たんに、自分の所で仕事を受けたいだけで、結局大幅な値下げをして売る事になります。

そして、不動産会社の人に実際に家に来てもらった際に、人柄や相性を見極めてください。
質問した内容について的確に納得できる答えが返ってくるか、話しやすいか等をチェックしてください。

大手と地元の不動産会社の両方を同時に比べる事が出来て便利です。
↓ ↓ ↓

≫目次に戻る

2.適正価格を見極める

ネットで中古マンションの販売価格は、調べられますが、ネットで売り出しに出ている不動産は相場より高い場合が殆どです。
指値で大幅に買い叩かれる事もありますし、まず掲載している価格で売れるという事はありません。
もしも適正価格かお得な価格で出ている物件だと、すぐに買い手が付き、ネット掲載は、非常に短い期間となります。

1ヶ月以上掲載されているような中古マンションは、そもそもが適正価格ではない場合が多いです。
その価格をもって、これが適正価格と思うのは、大きな間違いです。
そして、自分の物件は愛着もあり、ネットに出ている物件より、条件は良いと思うのが人間です。
条件が良いので、掲載されているマンションよりも価値を高くしても売れるのではと思いがちですが、大きな間違いです。
強気な価格を付け、結局売れないという状態になります。
そして、長い時間、ネットに掲載されると、業界用語でいう所の「さらし物件」となり、他の不動産会社も避けるようになります。

≫目次に戻る

3.相性の良い担当者を見つける

これは見落としがちですが、非常に大事です。
不動産を買うのは、不動産会社ではなく、個人です。
担当者が心から、この物件を売りたい、売れると思っていて、営業活動をしてくれる事が非常に大事です。
個人や、別の仲介業者に一言「このマンションは良い物件ですよ」と一言プッシュするだけでも、相手の反応は違ってきます。

営業担当者が売れない、この人のために活発的に動きたくないと思っていたら、積極的な営業活動は期待できないです。

そのためにも、1.複数の不動産会社に査定してもらうで紹介した、複数の不動産会社に査定をしてもらい、担当者としっかり話をし、相手との相性、信頼して任せられるかを確認しましょう。
年配の方だから大丈夫とは限りません。転職してきた方もいますし、マンションを売る仲介をして、どのくらい経験があるかが大事です。

≫目次に戻る

4.売主も、売る為の努力をする

売主の努力も複数あります。
詳しくは別で紹介するとして、簡単にいくつか書きます。

・内覧の際にそなえて、小まめに掃除をしておく
・不要なものは処分しておく
 ⇒賃貸を借りて引っ越しをするのが理想です。
  そうすれば、内覧の際に家にいる必要はありません
・営業活動費などを払う事も検討する
・抵当権がある場合は、末梢の準備をする
・相続で得た不動産の場合は、相続登記を済ませる
・急な内覧の申し込みでも、出来る限り対応する

あげるともっとあると思うので、不動産会社から話をよく聞いて、すぐに実行できるものは、出来る限り対応して、売り主も売るための努力をする事が大事です。

≫目次に戻る

5.マンション売るのに得意な会社を見つける

不動産会社と言っても、賃貸を専門にやっている不動産会社もあります。
一戸建て、マンション、土地売買などで得意、不得意があります。
たとえば、都内の不動産会社は、農地売買はやったことがないので、わからない等です。
一戸建てや新規築建売を主に取り扱っている不動産会社は、マンションを売る際のノウハウや書類に慣れていない事が多いです。

そのため、1.複数の不動産会社に査定してもらうで、査定申し込みのあった不動産会社のホームページや不動産販売ページなどをチェックして、どのような物件の取り扱いが多いかを事前に調べるようにしましょう。
そして、実際に査定してもらう場合は、マンションの売買の実績がどのくらいあるかも、確認するようにしましょう。

≫目次に戻る

6.大手不動産会社が良いとは限らない

今はレインズ(不動産会社が利用できる、物件掲載システム)を利用して販売活動を行うのが主流です。
レインズに登録された物件は、全国の不動産会社で閲覧でき、お客様を取り込む事が出来ます。

そのため、大手不動産会社だから有利というのは、今はなくなりました。
逆に大手の場合は、手数料を上限まで取る所が多いです。
中小では、手数料を値引きしてくれる所もあります。

大手だから、売れるのも早いと思い依頼するのは、意味がありません。

≫目次に戻る

最新記事一覧